認知症介助士として

日常生活での変化を記録する(認知症の要因の一つの生活習慣病の予防) 体重、血圧 食事の内容 睡眠時間と質 運動 排泄 ストレス度 失敗、心配事 その日の振り返り(短い日記など)
「家族性アルツハイマー病」は認知症の原因疾患の一つですが、 認知症の発症年齢が比較的早く、 20歳代後半~50歳代の初老期に発症しやすいといわれています。 また、この病気には遺伝性があることがわかっており、 両親のどちらかが家族性アルツハイマー病であると、...
65歳未満で発症する認知症を「若年性認知症」といいます。 発症年齢の平均は50歳代で、約3割が50歳未満で発症していて、男性に多いのも特徴です。 「若年性認知症」と、高齢で発症する「認知症」とは、病理的にはありません。
アルツハイマー認知症