変化を見極めるポイント


日常生活での変化を記録する(認知症の要因の一つの生活習慣病の予防

  • 体重、血圧
  • 食事の内容
  • 睡眠時間と質
  • 運動
  • 排泄
  • ストレス度
  • 失敗、心配事
  • その日の振り返り(短い日記など)

認知症の兆候を発見する

  • ご自分で電話番号を調べて、電話をかけることができるか 
  • リーダーとして、何かの行動の企画や運営を行うことができるか 
  • 何かの会の世話役や会計係を務めることができるか
  • ひとりでバスや電車を利用して、あるいは車を運転して、出かけることができるか 
  • 見知らぬ場所へひとりで計画を立てて旅行することができるか 
  • 薬を決まった分量を決まった時間に飲むことができるか
  • 貯金の出し入れや、家賃や公共料金の支払い、家計のやりくりなど、家計を整理することができるか
  • 日用品の買い物をすることができるか
  • 請求書の支払いができるか
  • 銀行貯金、郵便貯金の出し入れがご自分でできるか
  • 年金や税金の申告書をひとりで作成することができるか
  • ご自分で食事の用意ができるか
  • ご自分で掃除ができるか
  • 洗濯物・食器などの整理ができるか
  • 手紙や文章を書くことができるか

参考:東京都健康長寿医療センター研究所

 

 

前の記事☚ ☛次の記事