若年性認知症

65歳未満で発症する認知症を「若年性認知症」といいます。

発症年齢の平均は50歳代で、約3割が50歳未満で発症していて、男性に多いのも特徴です。

「若年性認知症」と、高齢で発症する「認知症」とは、病理的にはありません。

 

前の記事☚ ☛次の記事